Just another WordPress site

気をつけたいトラブル1【妊娠線】

shutterstock_165110378

shutterstock_206596342

妊娠時に気をつけたいことの代名詞とも言えるトラブルの一つ、妊娠線

その気をつけるポイントを説明していきましょう

shutterstock_195252767

その1

まず妊娠線は妊娠した直後にすぐ出てくるわけではありません。

妊娠してお腹が大きくなったり、急激に体重が増加することで、
肌の真皮が伸縮に絶えられなくなって断裂してしまうものです。

だいたい妊娠して四ヶ月ほどでお腹は大きくなってくるので、その頃から気をつけるようにと
一般的には言われていますが、絶対に妊娠線を作りたくないモデルや女優さんなどは
妊娠した直後からあることをして気をつけています。

shutterstock_165110378

その2

そのあることとは、妊娠線予防クリーム、オイルを塗ることです。
妊娠線予防クリーム、オイルは妊娠した時用の、妊娠線や妊娠時のトラブル肌のための
ボディケア用品です。
普通のボディクリームボディオイルに比べて非常に成分にこだわって作られています。
それは無駄な添加物を入れないことや、オーガニック成分にこだわること、
妊娠線予防をしっかりするためにボディでは考えられないほどの高級の成分を配合しているなどの特徴があります。
なので市販のボディクリームを塗って妊娠線予防する前に、こういった専門のクリームやオイルを使ったほうが妊娠線予防について効果が出やすいでしょう。

shutterstock_118332232

その3

しかし妊娠線予防クリームを塗ったからといって必ずとも妊娠線ができないとは限りません。
妊娠線は表面だけの問題では解決できない場合があります。
それも、妊娠線は遺伝的要因もありえるからです。
親族に妊娠線ができている場合はご自身も妊娠線ができやすいと見ていいでしょう。
ですが親族にできていたからといって、必ずできるという訳ではありません。
生活習慣などもありますので、お肌のコラーゲン生成や新陳代謝がよくなるように
早寝早起きや、規則正しい食生活を心がけて、肌を健やかに保つ努力が妊娠線予防に大きつながるでしょう。

無理のない範囲で、予防ケアを気をつけていきましょう。

アーカイブ